さかのぼること2500年前。ヨガには数多くの流派がありました。

しかし、どの流派も、ヨガの教えは指導者から生徒へ口伝として、伝来していました。

 

そこで聖者「パタンジャリ」が、初めてヨガについて、文章に残すことをしました。

それが現在の「ヨガ・スートラ」という経典になります。

 

ヨガ・スートラには、ヨガ哲学の基本的な教えが説かれています。

 

ヨガの教えには、アシュタンガ(Ashtanga 八支則)という8つの段階があります。

アシュタンガとは、サンスクリット語で、分けると Ashta=8 anga=枝 という意味で、

アシュタンガは「八本の枝」を意味します。

 

八支則は一般的に、ヨガを実践によって、

8つの段階を1段ずつをクリアしていきながら、

最終的に悟りに至るまでの哲学が説明されています。

 

ひとつひとつを書くと長くなりますので、

今回は八支則の概要をここに記しておきます。

 

また、八支則自体も、多くのサイトで記載されていることと同じ内容なので、

今回は引用とさせて頂きます。

 

  1. ヤマ Yama(禁戒):他人や物に対して、守るべき5つの行動パターン
  2. ニヤマ Niyama(勧戒):自分に対し、守るべき5つの行動パターン
  3. アーサナ Asana(坐法):ポーズを練習する
  4. プラーナヤーマ Pranayama(調気):呼吸をコントロールする
  5. プラーティヤハーラ Pratyahara(制感):感覚をコントロールする
  6. ダーラナー Dharana(疑念):集中、感覚を閉じ込めて周りの物が気にならなくなる
  7. ディヤーナ Dhyana(無心):瞑想、落ち着きのある静かな精神状態
  8. サマーディ Samadhi(三昧)悟り、心の平静を保つ精神的喜び

出典:ヨガ8支則YOGAWORLD

これを見ると、

  • 1、2:行動パターン(外的コントロール)
  • 3~5:コントロール(内的コントロール)
  • 6~8:意識や感覚の変化、状態

という風に分けることも出来ますね。